event

顔と足の痛みについて

こんにちは、青山外苑前治療院の川口です。

 

9月8日(日)株式会社メディカル・ケアの勉強会がありました。

 

今回は2つの講義があり、

 

最初は月島院の西村先生から

 

足首、膝の痛みについて学びました。

みなさんは、足を捻ってもいないのに、痛みが出たことはないですか?

 

それは、筋肉に繰り返し負担がかかり、疲労が溜まって出ているかもしれません。

もし、気になるところがあったら手で押さえて、色々と動かしてみてください。

 

決まった動きで、違和感や痛みが出てきませんか?

それは、言わば”方程式“のように、

動かす方向によって、決まった筋肉が働くからです。

 

治療の時は、お話を聞きながら動きの確認をして施術をします。

 

 

もう一つの講義では、二宮総院長から

 

三叉(さんさ)神経顔面神経について学びました。

 

顔が痛くなったり、ピクピクと”けいれん”したことはないでしょうか?

 

痛みには三叉(さんさ)神経

けいれん“には顔面神経が関わってきます。

 

「”顔面”神経痛ってよく聞くけど?」って思われた方、それは間違いです。

正しくは”三叉(さんさ)神経痛“なんですよ。

 

実技では

顔に鍼を刺して、電気を流しました。

これによって、神経自体が圧迫されるのを防いだり緊張が減るため、痛みや”けいれん”

が改善されます。

 

脳に問題がある場合は難しいですが、仕事のストレスや、ホルモンバランスの変化

節の変わり目などが原因の場合は、治療ができます。

 

もし、これらの症状をお持ちの方がいれば、当院へご相談ください。

お待ちしています。

 

 

青山外苑前治療院

月曜~金曜 10:00~22:00
土曜・祝日  9:00~19:00
日 曜 休 診

〒107-0062
東京都港区南青山2-26-35
青山KKビル3F

03-5860-6733