青山外苑前治療院 | 東京都港区の治療院・鍼灸マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック 青山外苑前治療院

診療受付時間
10:00~22:00
 9:00~19:00
  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-5860-6733
  • 東京都港区南青山2-26-35
    青山KKビル3F
  • サイトマップ

シンスプリントについて

ふくらはぎが痛い?それってシンスプリントかも?

シンスプリントと聞いて、なじみのある方は少ないかもしれません。
ただ、スポーツのし過ぎで「疲労骨折」になる…と聞いたことのある方は多いと思います。

シンスプリントの痛みが起こる場所

その足の疲労骨折の原因として最も多いものがシンスプリントです。

「シンスプリント」は「脛骨過労性骨膜炎」ともいい、ランニングやジャンプが多いスポーツをしている方に多く発症し、初めはスネ内側の違和感から始まり、徐々に痛みへと変化していきます。その後、安静時にも痛みを伴うようになります。
ひどくなると起床時の立ち上がり動作での痛みや、歩行時の痛みが顕著となり、骨膜が大量に損傷してしまうと最悪、疲労骨折を起こしてしまいます。

青山外苑前整骨院でのシンスプリントの施術

早期治療で早期復帰!休むこともトレーニングです

痛みはある、でも運動は続けたい。その気持ちは痛いほど分かります。
できることなら休まずに運動しながら治してあげたい。そう思います。

テープで痛みを抑えることは出来ます。ただプレーを続ける以上、怪我の進行を止めることは出来ません。
結果として、より長く治療に時間がかかり、フォームは崩れ、ポテンシャルは下がります。

まず、シンスプリントの症状が出たら、運動は直ちに中止することが望ましいです。

  1. シンスプリントアイシング

    患部をテーピングや包帯で固定し、安静を保ち、運動時であれば応急処置としてアイシングを行い、一刻も早く炎症を引かせる事が大切です。

  2. シンスプリント運動療法

    次に、使い過ぎで固くなってしまった筋肉を緩め、痛みを取り除いていきます。
    鍼灸施術を組み合わせて、炎症を抑えながら筋肉を緩めることも効果的です。

  3. 症状が落ち着き、痛みも出なくなったあとも、「同じ運動を続ける=同じ負荷がかかる」ため、再発には十分注意が必要です。

青山外苑前整骨院では、再発防止の為のフォームや運動指導も行い、競技への早期復帰をサポートさせて頂きます。

そもそもシンスプリントの原因って??

バスケットボールやサッカー、剣道などで多く見受けられます。
足首や足の親指で地面を蹴る筋肉(後脛骨筋)が、スネの骨の表面の骨膜に付着していますが、ランニングやジャンプの反復により、この付着部分が繰り返し何度も引っ張られて刺激され、骨膜が炎症を起こすと考えられています。

ひどくなると骨膜は剥がれ、削れた状態になってしまいます。
そこに過度の負荷がかかることで起きる骨折が「疲労骨折」と呼ばれる現象です。

シンスプリントに限らず、怪我は早期に治療し、状態を見極め、適切に処置をすることが、何よりも短時間での復帰に繋がります。
そしてケアをすることで、痛み無く運動を続けていくことが出来ます。

痛みや違和感は我慢しないで、青山外苑前整骨院までお気軽にご相談下さい。

青山外苑前整骨院は、スポーツをする方へケアをしています。

TOPへ戻る