青山外苑前治療院 | 東京都港区の治療院・鍼灸マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック 青山外苑前治療院

診療受付時間
10:00~22:00
 9:00~19:00
  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-5860-6733
  • 東京都港区南青山2-26-35
    青山KKビル3F
  • サイトマップ

ランニングについて

ランニングを楽しみたい方の為に。

ランニングイメージ

青山外苑前整骨院では、これからランニングを始めようとしている方、健康の為や趣味で程よく走る方、ハーフマラソン、フルマラソンでベストタイムを狙っている方、陸上選手まで幅広い年齢層の方のランニングライフに寄り添っています。

青山外苑前整骨院がランニングを推奨する理由

ランニングには想像以上のメリットがあります

自律神経を整え、新陳代謝を促進

ちょっとした運動で、心も身体もスッキリした経験ありますか?

それはセロトニンというホルモンのおかげです。このホルモンは脳から分泌され、自律神経を調整し、緊張している身体をリラックスさせます。 全身運動であるランニングは血流改善の効果が大きく出ます。酸素を多く含んだ血液が全身に行き届き、不要な老廃物や二酸化炭素を回収してくれます。
それは筋肉の疲労回復から慢性的な肩こり、腰痛まで改善に繋がります。

基礎代謝の向上

基礎代謝とは、何もせずにじっとしていても、生命維持のために自動的にエネルギーを消費することをいいます。

基礎代謝が上がると、運動をしていなくても普段から脂肪を燃焼しやすい身体になり、歩く、座るだけ、または呼吸や内臓の働きでもエネルギーは消費されます。
例えば、内臓脂肪(メタボリックシンドローム)を改善させる場合、過度な食事制限をしてダイエットをしなくても、基礎代謝量が上がることで脂肪を常に燃焼させることが可能になり、お腹周りがスッキリしていきます。
また、食事制限だけでダイエットをしている女性が、栄養不足が原因で骨粗鬆症や貧血、無月経、低血圧になるなどリスクが高まりますが、ランニングやトレーニング等で基礎代謝量を高めれば、好きなものを食べても今の体型をキープし、より健康的で美しい身体を手に入れることができます。

ランニングの走行について

正しいランニングフォームとは?

長い距離を走っても疲れない走り方とは?

「このフォームさえ意識すれば」「ケガしない」「疲れにくい」というものはありません。 厳密には、万人受けする走り方が存在しないという事です。

人間の体格、筋肉、重心、骨盤の傾く方向には「特徴」があり、人それぞれ違った走り方になります。疲れやすい場所、痛めやすい場所、どのような走り方をすればその人にとって一番負担が少ないのか、大きく違いが出ます。

青山外苑前整骨院の強みであり、皆様に提供しているケアや治療は、それぞれの特徴を見分ける「分析力」です。

ピッチ走行とストライド走行では負担のかかり方が変わります。

ピッチ走行とは、歩幅を小さくし、回転を早める走り方のことを指します。 この走行のメリットは歩幅が小さい分、足への着地衝撃を緩和させます。逆にピッチが上がると走るスピードも早くなり、体力消耗も激しくなります。 結果、痛めるリスクは減少するが、疲労度が大きくなります。

ストライド走行とは、一歩でどれだけの距離を進めるかという大きな歩幅を指します。 この走行は終始ジャンプ状態なので足への負担が大きくなります。しかしスピードが最大限に発揮されたままの状態を維持することができるメリットがあります。 結果、足への負担が大きい分、ケガに繋がりやすい。

ハイアーチと偏平足(フラット)

ハイアーチと偏平足イメージ

ハイアーチの場合、足裏を地面に着いた時に上手く足裏の腱膜のクッション作用を利用することができなく、足着地の衝撃を逃がすことができません。このパターンはスネ、太ももの前側の筋肉に負担がかかりやすい傾向にあります。

偏平足(フラット型)は、ハイアーチとは相反し、常に足裏の腱膜に緊張をかけ続けてしまいます。この場合、アキレス腱、ふくらはぎ、太ももの後ろ側のスジに負担がかかりやすく、足底腱膜炎、アキレス腱炎になりやすいです。

※あなたの走り方をもっと詳しく知るために※
O脚、Ⅹ脚、骨盤の前傾と後傾、重心の位置にも視点を置きます。身体の構造から負担のかかりやすい筋肉を分析し、ご自身にあった治療、ケア、フォーム改善へと導きます。

青山外苑前整骨院ランナーケア治療法

ランニングケア足へストレッチ

青山外苑前整骨院では、負担がかかり疲労しやすい筋肉には、徹底的に手技療法とストレッチを行い、緊張しきった筋肉を緩めます。

手技療法は基本的に指圧ベースですが、太ももでは指ではなく掌で柔らかく、奥深く、芯に響かせます。その後、ストレッチをかけ、筋肉を引き伸ばして本来の自分の身体の状態に戻します。
筋肉の奥深くまでアプローチするため、隠れた緊張や硬さまで除去することができ、施術後の足の軽さ、筋肉が緩む感覚を味わえます。

膝の痛みイメージ

「痛みの場所」により呼び名は変わりますが基本的には、長時間、膝を曲げ伸ばす運動、トレーニングで膝に負担をかけ過ぎて筋肉・腱がお互いに、もしくは筋肉・腱が骨と擦り合わせられ炎症が発生しているケースが多いです。
※これらの怪我はランニングだけで起こるわけではなく、様々なスポーツでも起こりえます。

青山外苑前整骨院では、ランニングをはじめ、様々なスポーツ障害に対する治療、ケアを行っています。 患者様の悩みに耳を傾け、ご自身では気づきにくい動きの癖、原因を患者様と一緒に見つけ出します。

これからランニングを始めようとしている方から、何年も走り続けている方、期限までに痛みを何とかさせたい方、ランニング以外の悩みでも、一度青山外苑前整骨院へご相談ください。

スポーツ障害による膝の治療、ケアで不快な痛みをなくし、ストレスなくスポーツを楽しみたい方の為に。

TOPへ戻る