青山外苑前治療院 | 東京都港区の治療院・鍼灸マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック 青山外苑前治療院

診療受付時間
10:00~22:00
 9:00~19:00
  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-5860-6733
  • 東京都港区南青山2-26-35
    青山KKビル3F
  • サイトマップ

ラグビーについて

スピードパワーが求められる、非常に激しいスポーツです。

前回2015年ワールドカップでの活躍、また2019年には日本で初のワールドカップ開催と、いま最も注目されているスポーツの一つではないでしょうか。

ご存知の通り、コンタクトスポーツの中でも非常に激しく、練習中から怪我が絶えないスポーツと言っても過言ではないでしょう。 日本の競技人口は約11万人と少ないかもしれませんが、高校ラグビー、大学ラグビー、トップリーグにスーパーラグビーと徐々にすそ野は広がっています。

青山外苑前治療院の近くには日本ラグビーの聖地、秩父宮競技場がありますから、ラグビーに携わっている方に寄り添えるよう精進しています。

ポジションによってもケガのリスクが異なります!

ラグビーでのケガの原因

ラグビー

ラグビーはフィジカルコンタクトが非常に多いです。
また、ポジションによってプレーの質が変わりますので、怪我のリスクも変わってきます。

フォワードであれば、タックルを受ける機会が多くなりますので、腰や首、膝や足などのケガが多くなってきます。

フルバックは一見安全に見えますが、突進してくる相手や自分より大きい相手にタックルを仕掛けなければならない為、脳震とう、首、肩など上半身のケガのリスクが増えます。

重篤なケガに繋がることもありますが、基本的には応急処置や日頃のケア、テーピングやサポーターなど、ご自身の身体の状態に合わせた準備をしておくことで、怪我のリスクを軽減させることができます。

ラグビーで多い痛みの原因とは?

(クリックすると各ページに飛びます)

スポーツ障害による肩や足の治療、ケアで不快な痛みをなくし、ストレスなくスポーツを楽しみたい方の為に。

TOPへ戻る