青山外苑前治療院 | 東京都港区の治療院・鍼灸マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック 青山外苑前治療院

診療受付時間
10:00~22:00
 9:00~19:00
  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-5860-6733
  • 東京都港区南青山2-26-35
    青山KKビル3F
  • サイトマップ

寝違えについて

誰にでも起こる、 突然の「寝違え」とは?

寝違えの原因は、寝ている時の姿勢・・。ではありません!!

寝違えの主な症状

程度の強弱はありますが、誰もが一度は経験したことがある寝違えの「あの痛み」

  • 目が覚めたら、すでに痛い!
  • 気づいた時には動かない。
  • 痛くて首が動かせない。
  • 頭を支えることができない。
  • じっとしても動いても、鋭い痛みに襲われる。

寝違えイメージ

寝違え症状の軽い方は、「動かすと痛む」程度ではありますが、寝違え症状の強い方は、首が全く動かせず、ロボットのような動きになってしまいます。
しかも、痛みは鋭く激痛で、どうしようもない痛みに涙する方もいる程です。

原因として、「悪い姿勢で寝てしまった」と上がることが多いですが、最も直接的な原因は「冷え」です。
首の筋肉は細いものが多く、冷えてしまう事で血流が悪くなり、緊張を起こしやすいのですが、元々の疲労やストレスなどで緊張が起きている筋肉に対して、冷えが加わることによって、さらに筋肉の緊張が強まります。

そこへ寝ている際の姿勢や寝返りでの急な動き、目覚めて起きた際の頭の重さなどの負荷に、筋肉が対応できずに炎症を起こしてしまうのです。

なぜ、あんなに痛みが強いのか?

寝違えの症状は筋肉の炎症です。 さらに、首の動きをつかさどる深い部分への影響の度合いによって、大きく症状が変わります。

寝違えの重症度

1度...表面の比較的大きな筋肉に炎症が起きた際には、痛みはあるが動かせる程度

2度...首の動きを作る細かい筋肉にまで炎症の影響が出ると、ある程度は動くが痛みのために動きが止まる

3度...首を動かすことができない

炎症が根深く、首を動かすための細かい筋肉にまでダメージを受けるので、動かすことも、頭を支えていることですら辛いといった状態になります。

動くかな?と頭で考えているときは、120%痛いです!!

少し良くなってきたから、ちょっと動かしてみようかな?と、そーっと動かし、ズキッとした痛みを感じて、「まだダメか…」なんて、つい試してしまう方いますよね。

これは絶対NGです。

普段、体を動かす際、できるかな?なんて考えません。
寝違えだけに限ったことではないですが、動かすときに不安がよぎった時点で、確実に痛みが出ます。
治ったときは、自然とできなかった動作ができて、後から「今、痛くなかった!」と気づくものです。

痛みは本来、体を守るために出るものなので、慣れませんし、意識に上ってきます。 「もしかしたら痛いかな?」と考えたときは動かさないようにしましょう。

青山外苑前整骨院寝違えの治療法

特に「寝違え」の場合は、安静が大事です。

寝違えの場合、根深い炎症の為、首の動きに制限も出て、鋭い痛みは持続します。
安静にしていても、ちょっとした動きで痛みが出てしまえば、またそこから炎症が再燃してしまいます。
青山外苑前治療院では「寝違え」に対し、症状別に施術内容を変え、いち早く回復できるようにしています。

  1. アイシング患部の炎症を抑える目的でアイシングを施し、早期の痛みの除去を図ります。 この処置によって、炎症を抑え、一時的に痛みを緩和させて、安静にした際の回復を早めていきます。
    寝違えのアイシング
  2. 固定症状の度合いによって、安静固定を行い、患部を動かさないようにします。 首のそれぞれの動きに対応したテーピングを貼る場合もありますし、痛みが強すぎる時、全く首を動かせない場合には、頭の自重がかかる事を避けるために、頚椎カラーを用いて頭を支えます。
    寝違えによるきの固定
  3. 手技療法 運動療法「ある程度首を動かせる」「鋭い痛みが消える」など、炎症が治まったら、首や肩回りの筋肉をほぐしていく施術を行います。
    首から出ている神経は肩周りの筋肉を支配しているので、炎症の影響を受けた筋肉を緩め神経を解放することで痺れや痛みを軽減させます。
    マッサージだけではなく、神経解放と血行促進を目的としたストレッチを行うこともあります。 神経だけでなく肩甲骨周辺の筋肉を緩めることが出来る為、効果が大きいです。
    頸部の手技療法肩甲骨周辺の筋へアプローチ

青山外苑前治療院の寝違え治療は、上記の施術を組み合わせ、その時に一番必要な処置を行い、最短で痛みを止めることを目的としております。

辛い寝違えの症状でお困りの方、今まさに首が動かせない方、青山外苑前治療院までお気軽にご相談ください。

アドバイス

痛みがあるうちは無理に自分でマッサージやストレッチを行うと悪化してしまう為、痛めた部分を動かさないことです。 就寝時の姿勢としては、痛い方を上にして横向きで寝ると負担を軽減することができます。

また、よく寝違えてしまう等、根本的な解決のためには、冷えの傾向や筋肉のバランスなど生活習慣から改善していく必要もありますので、そちらも併せてご相談ください。

寝違えは鍼灸治療と組み合わせると、さらに回復が見込めます。

寝違えの鍼治療
TOPへ戻る