青山外苑前治療院 | 東京都港区の治療院・鍼灸マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック 青山外苑前治療院

診療受付時間
10:00~22:00
 9:00~19:00
  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-5860-6733
  • 東京都港区南青山2-26-35
    青山KKビル3F
  • サイトマップ
  • 膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)・鵞足炎

膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)・鵞足炎について

バスケ、バレー、サッカー、陸上。多くのスポーツで起こりうる膝頭周辺の痛み
膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)鵞足炎はオーバーユース(使い過ぎ)で起こるスポーツ障害の一種です。

ジャンパー膝と鵞足炎、痛む場所が近い?

何故そこが痛くなるのか。

ジャンパー膝

ジャンパー膝(膝蓋靭帯)

太もも(前側)の筋肉は、骨盤前面や股関節から始まり、膝のお皿の真上と真下にくっ付いています。
付着している部分は靭帯になっていて、痛めることが多いのは膝皿の真下の靭帯(膝蓋靭帯)です。

ジャンプなど膝の曲げ伸ばしが頻繁で激しいスポーツほど、お皿にくっ付いている靭帯部分が太ももの筋肉によって引き伸ばされ、微細な断裂を起こして痛み始めます。
また、太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)に柔軟性が欠けていると膝蓋靭帯に負担がかかりやすく(筋肉の柔軟性が無い分、力を上手く分散できずに膝皿の腱付着部にかかる力が強くなる)
その状態での激しい膝の曲げ伸ばしは、膝蓋靭帯に相当な負担をかけてしまいます。

鵞足炎

ジャンパー膝(膝蓋靭帯)

あまり耳にしない、鵞足(がそく)とは…?

(縫工筋・薄筋・半腱様筋)の3つの筋肉が1つにまとまって骨に付着する部分を指します。
この3本の筋肉の集まりが、ガチョウの足に似ている為、鵞足と呼ばれるようになりました。

この鵞足は脛骨内側(膝下の内側)にくっ付いており、ジャンパー膝のように腱に過度な牽引力がかかって痛めるのではなく、膝の内側にあるもう一つの靭帯(内側側副靭帯)との摩擦によって生じた痛みです。

※内側側副靭帯は太もも(大腿骨)とスネ(脛骨)を結ぶ内側の靭帯。

青山外苑前整骨院でのジャンパー膝・鵞足炎の治療法

ジャンパー膝、鵞足炎は、共に炎症が起きており、痛みも決して軽くはありません。
原因として膝を曲げ伸ばしする際の牽引力と摩擦力によるものですので、痛みや炎症が退くまでは、膝の運動を制限する必要があります。
その期間は、日常生活でも、できるだけ膝に負担が掛からないように、程度別に包帯、テーピング、サポーターで膝を固定します。

膝の固定イメージ

もし、痛みを我慢しながら膝を曲げ伸ばし、負担をかけ続ければ、牽引力と摩擦力が加わる以上、その痛みは悪化し、長引いてしまいます。

しかし、大切な競技がある、この日までに動かしたい…。

多くの方が望む「スポーツを続けながら治したい」というお気持ちに少しでも寄り添えるように、ある程度まで痛みが退いてくれば、手技療法、運動療法、ストレッチを行い、牽引や摩擦が膝で起こらないように硬さが出ている筋肉を緩めていきます。

また、競技に復帰した後、同じ痛みが出ないように、ストレッチや運動指導までアドバイスさせて頂きます。

しっかり休息時間を確保して完治させたい…この日の為に少しでも動けるようにしたい、少しでも痛みを軽くしてほしい… いつまでには復帰したい…あなたの望みに耳を傾け、最高のパフォーマンスを目指します。お困りの方は青山外苑前整骨院にご相談ください。

青山外苑前整骨院は、ランニングをする方へケアをしています。

TOPへ戻る