青山外苑前治療院 | 東京都港区の治療院・鍼灸マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック 青山外苑前治療院

診療受付時間
10:00~22:00
 9:00~19:00
  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-5860-6733
  • 東京都港区南青山2-26-35
    青山KKビル3F
  • サイトマップ

骨折・脱臼について

整骨院でも「骨折・脱臼」は治療できます。土曜・祝日も任せてください。

ケガをしたら、まず整形外科・・・と思う方は多いと思います。

ですが、実は整骨院、特に柔道整復師は骨折・脱臼をはじめとするケガのスペシャリストだということを知っている方は、残念ながら少ないのではないでしょうか。
そもそも、柔道整復師、つまり整骨院での治療は外傷(いわゆるケガ)を治すためのものです。
骨折や脱臼などのケガをして、お困りの方は遠慮なく、青山外苑前整骨院までご相談ください。

整骨院での骨折・脱臼治療について

整骨院・接骨院での骨折・脱臼の施術は、緊急の場合(受傷直後の応急処置)を除いて、あらかじめ「医師の同意」を得ることが必要と、厚生労働省より定められています。
当院での骨折・脱臼に対する施術をご希望の場合 担当医師に「整骨院での後療を希望する」旨をご相談していただき、同意を得られてから施術することが可能になります。

同意に関して必要な確認事項

  • 医師に同意を頂いた同意年月日
  • 同意を得た医師の名前・病院名(住所・電話番号)
  • 診断名(骨折または脱臼の部位について)

医師による同意は、口頭確認でも問題ありません。
病院によっては、同意書や診断書の交付(別途文書料がかかることがある)が必要となる場合があります。

もしわからないことや、不安なことがありましたら、青山外苑前整骨院までご連絡ください。

もし骨折・脱臼など、ケガをしてしまったら・・・。

骨折、脱臼をされた場合の応急処置としてRICE(ライス)と呼ばれる処置があります。

Rest(安静)
患部を安静に保ちます。患部を動かすと炎症が進行し、発熱、腫れ、痛みが増してしまいます。また損傷した骨が血管や神経を傷つけてしまう恐れもあります。
Icing(冷却)
受傷後24時間〜72時間の間に炎症がピークに達し発熱、痛み、腫れも強くなりますが、アイシングをすることでこれらを抑制することができます。
Compression(圧迫)
包帯やテーピングにより全体を包むように圧迫し、過度な腫れを抑えます。圧迫が強すぎると血行障害を引き起こし、状態が悪化してしまうこともあるので適切な圧迫が必要です。
Elevation(挙上)
患部を心臓より高い位置で保ちます。これは骨折、脱臼に伴った出血量を軽減させ、腫れや炎症を抑える為です。

三角巾で固定

専門的な応急処置は難しいと思いますが、「なるべく安静にして、冷やす」だけでも効果はあります。
できる範囲での応急処置をしていただき、青山外苑前整骨院にご連絡いただければ、適切に処置いたします。
炎症による腫れや痛みなどは、怪我をした時に現れる治癒過程の一環ですが、処置が遅れるとそれだけ治癒までの時間がかかるとも言われていますので、適切にコントロールをすることが重要になります。

骨折、脱臼の後療法

三角巾で固定

骨折・脱臼の整復後は組織が回復するまで固定(包帯、ギブス、テーピング)をします。
また、可能な範囲で、手技療法、物理療法(低周波療法、マイクロ療法)運動療法(可動域訓練)などのリハビリを順次行ってまいります。
骨折の種類や、ケガをした場所によって、固定をする期間はそれぞれ異なります。
また、リハビリの期間は固定期間の2倍以上かかるとされていますが、現在では、固定期間中から、可能な限りリハビリを並行して行い、早期完治を目指しております。

青山外苑前治療院では外傷に関して経験豊富な柔道整復師が対応しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

TOPへ戻る