青山外苑前治療院 | 東京都港区の治療院・鍼灸マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック 青山外苑前治療院

診療受付時間
10:00~22:00
 9:00~19:00
  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-5860-6733
  • 東京都港区南青山2-26-35
    青山KKビル3F
  • サイトマップ

テニス肘・ゴルフ肘・野球肘について

肘を気にせず、思い切りプレーしませんか?

テニス肘、ゴルフ肘と言うのは通称で、肘の外側の痛みを「外側上顆炎」といい、テニスのバックハンドやゴルフでのオーバーユース(使い過ぎ)によって起こります。
肘の内側の痛みは「内側上顆炎」といい、テニスでのフォアハンドやゴルフ初心者の過負荷、野球の投球過多によって引き起こされます。

テニス肘 は肘に付いている筋肉に疲労が蓄積し、その筋肉の付着部に炎症が起こってしまう疾患です。
多くは筋力的に弱い外側に発症し、肘の外側の痛みをバックハンドテニス肘、内側の痛みをフォアハンドテニス肘と呼ぶ事もあります。

ゴルフ肘 は疲労の蓄積によるものと、スイングの際に地面を叩いてしまい肘に付いている筋肉が引き伸ばされ、その付着部で炎症が起こるものがあります。
疲労の蓄積によるものは右利きの方では左の肘に症状が現れ、牽引力によるものは右肘に起こる事が多くみられます。
「ゴルフページ」もご覧ください。

野球肘 では投球時のリリースの際、肘を大きくしならせることが原因とされており、特に未成年の体ではまだ完全に骨が形成されておらず、軟骨部を痛めていることが多々あります。
このため、小中学生の肘の痛みは骨の発育にも影響があるため注意が必要です。
「野球ページ」もご覧ください。

またテニスやゴルフ・野球等のスポーツ以外にも、デスクワークでのオーバーユース(使い過ぎ)や重い荷物を持つ事でも痛みが出る事も多くあります。
肘の痛みではありますが、肘についている筋肉の多くは手首や指を使うための筋肉なので、手を使い過ぎることでもテニス・ゴルフ肘・野球肘と同じ症状が出てしまうのです。

テニス肘・ゴルフ肘・野球肘のおもな症状

  • 肘から前腕にかけての痛み
  • キーボード、マウス操作で痛い
  • 重い荷物を持つと痛い
  • ペットボトルを開けようとすると痛い
  • 雑巾が絞れない
  • 肘が伸びにくい

などがあります。
思い当たる肘の症状がありましたら、どうぞお気軽にご相談下さい。

青山外苑前整骨院でのテニス・ゴルフ肘・野球肘の治療法

思い切りプレーするために・・・

基本的には使い過ぎで痛みを生じさせることが多いので、テニス・ゴルフ肘・野球肘を治す為には安静固定を行うことが一番の近道となります。
しかし、手を使う仕事でなかなか固定はできない、という方には、テーピングやサポーターを併用して施術を行います。

  1. まず簡単なテストを行い、対象となる筋肉の状態や炎症の強さを把握します。

  2. 症状が強い場合には、アイシングや低周波治療器で炎症や痛みを緩和させ、可能であれば安静固定、厳しいようならテーピングや専用サポーターを用いて極力使用時の負荷がかからないようにし経過観察しながら治癒環境を作ります。

  3. 青山外苑前整骨院では、症状や肘や手の使用頻度・使い方に応じて、数種類のテーピングを組み合わせて施術を行い、患者様の生活環境の中で最大限の施術を行います。

  4. テニス肘・ゴルフ肘・野球肘の施術

    症状が落ち着いたら手技療法(指圧マッサージ)をメインに温熱機器を用いて血行を促進し症状の改善を行います。

また、プレーのフォームや癖などで腕全体や肩の使い方のせいで肘に負担がかかることも考えられますので、将来的に痛みの出ない身体を作るため、フォーム改善やアドバイスもさせて頂きます。

青山外苑前整骨院は、スポーツをする方へケアをしています。

との組み合わせで治癒が早まる!

テニス・ゴルフ肘・野球肘の鍼灸治療

基本的にテニス・ゴルフ肘・野球肘などのオーバーユース(使い過ぎ)の痛みは手を使わないことが前提となります。
ただし、鍼治療と組み合わせることにより、治療効果を最大限に引き出し治癒までの期間を短縮できると考えています。

まず、原因となる筋肉をテストにより把握し、痛みを生じさせている原因となっている筋肉に対し施術を行い緊張や疲労の緩和を図ります。
筋の緊張が緩んだ状態で固定やサポートをすることで回復力が増し、安静にすることで更に緊張が緩んで治癒が早まる。といった好循環が生まれます。

鍼治療も活用して素早く治癒させ、痛みの無い生活を実現していきましょう。

TOPへ戻る