青山外苑前治療院 | 東京都港区の治療院・鍼灸マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック 青山外苑前治療院

診療受付時間
10:00~22:00
 9:00~19:00
  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-5860-6733
  • 東京都港区南青山2-26-35
    青山KKビル3F
  • サイトマップ

筋肉の攣り(つり)のマッサージ治療について

繰り返すあの激痛・・気にしない生活をしませんか?

筋肉の攣り(つり)とは?

寝ている時、運動している時、ふとした時などに急な痛みに襲われた経験はありませんか?

筋肉が勝手に締まるような感覚になり、内側からくる我慢できない不快なあの痛みです。
一般的に「攣る(つる)」と言われ、特にふくらはぎが多く、こむら返りとも言われています。医学的には「筋痙攣(きんけいれん)」と言い、筋肉が痙攣して過剰に収縮した状態のことです。

あの痛みを、多くの方が色んなタイミングで、足や手、背中など様々な箇所に経験したことがあると思います。攣る原因はその場面によって異なってきます。

筋肉の攣り(つり)の原因

  1. 筋肉の疲労
    運動時、柔軟をしていない状態での運動に多い
    筋肉を動かすには、脳から指令を出して動かします。しかし、「あまり使ってない筋肉を急に動かす」・「運動不足なのに急に運動を始める」・「長い時間運動をした」など筋肉が疲れている状態だと、伝達が上手くいかずに過剰に反応し収縮を繰り返してしまう事により、起こります。
  2. 冷え
    睡眠時、プールや海など泳いでいる時、冬の寒い時、冷房による冷えに多い
    身体が冷えると、血液の循環が悪くなります。 栄養素、エネルギー不足になるだけではなく、身体が熱を作ろうと筋肉を収縮させるので、こむら返り起こしやすくなります。
  3. 栄養素ミネラル不足、水分不足
    バランスの悪い食生活をしている時、運動時、起床時に多い
    筋肉を動かすには「栄養素・ミネラル(カルシウム、ナトリウム、カリウムなど)」が必要です。カルシウム、カリウムは現代人が不足しがちなミネラル要素です。また、ナトリウムは汗と一緒に排出されてしまいます。ですから、運動をしたり、寝汗をかいたりしているうちに、ミネラル不足になってしまいます。 水分も運動や寝ているうちに、失われがちです。そうすると、血液循環が悪くなり栄養素、ミネラルが筋肉に十分行きわたらなくなります。 結果、筋肉がスムーズに収縮しなくなり、痙攣を起こしてしまいます。

青山外苑前マッサージ院での筋肉の攣り(つり)治療について

冷え、筋肉の疲労に対しての治療法は血液循環を良くすることが大事になります。

  1. 全身をしっかりとマッサージすることで、全体の血液循環もよくなり、柔軟性を高めます。
    背部のマッサージ頚部のマッサージ
  2. ストレッチを取り入れることで瞬発的な運動に対応ができるようになり、運動による攣りを減らすことができます。
    足のストレッチ
  3. 特に攣りやすいふくらはぎは、全身に血液を巡らせるポンプ作用が強いので、時間をかけてマッサージすることで、ふくらはぎだけでなく全身の血行を改善し、血液が巡ることでよりお身体が温まりやすくなり、冷えの解消につながります。
    ふくらはぎのマッサージ

青山外苑前マッサージ院では、手技を用いて筋肉を緩めることと同時に、血液循環を促進し、攣りやすい方は攣りづらく、攣って痛めてしまった方は素早く痛みを除去していきます。

攣ってしまった状況を伺い、考えられる原因を特定して、状態に合わせたアドバイス、施術をさせていただきます。 お困りの方は、どうぞ青山外苑前マッサージ院へお気軽にご相談ください。

食事のアドバイス

栄養素、ミネラル不足はバランスの良い食事をしてカルシウム、カリウム、ナトリウムが豊富に含まれている食事を取るようにしましょう。

カルシウム乳製品、大豆、小松菜、春菊、小魚
カリウムほうれん草、筍、かぼちゃ、アボカド、バナナ
ナトリウム梅干し、醤油、味噌
(ナトリウムは運動時にスポーツドリンクや塩飴などでこまめに摂取することが大事です。)

オススメコース

30分コース 3,240円(税込)
疲労している筋肉を中心にほぐします。
60分コース 6,480円(税込)
全身を緩めて、血流循環を良くして攣りにくい身体へ。

青山外苑前マッサージ院でどうする事も出来なかったあの痛みから解放されませんか?

TOPへ戻る