青山外苑前治療院 | 東京都港区の治療院・鍼灸マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック 青山外苑前治療院

診療受付時間
10:00~22:00
 9:00~19:00
  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-5860-6733
  • 東京都港区南青山2-26-35
    青山KKビル3F
  • サイトマップ

「お腹が空かない」「食べたくない」は身体の不調のサインです!

食欲不振の鍼灸治療について

食欲不振とは?

食欲不振とひと言で表されても実は種類があります。中でも大きく二つに分類していきます。

1. 食欲がわいてこないタイプ

このタイプが一般的に知られている食欲不振のタイプではないでしょうか? まったくお腹が空かずに気づけば一日何も食べていなくても過ごせてしまう、食べたい気持ちが起こらない、または起こりづらいといった症状が出現します。

2. 食欲はあるがすぐに満腹になってしまうタイプ

お腹は空くけど1口、2口食べるとお腹いっぱいになってしまう。 こういった症状をお持ちの方もいらっしゃいます。 食欲があれば、食欲不振とは言わないのでは?と思った方もおられるのではないでしょうか。実はこのようなタイプも立派な食欲不振なのです。

そもそも食欲とは一般的にリラックスしている状態でないと湧いてきません。
例えば、友達や家族とケンカをしている最中、興奮状態にある中で急にお腹が減るといった経験がある方はいないのではないでしょうか。 もし、あったとしてもケンカにひと段落が付いた時だと思います。

興奮作用のある交感神経が優位な時には筋肉など身体を動かすことが優先されるため、内臓への血流量が落ち、内臓の働きは抑制されます。 逆にリラックス作用のある副交感神経が優位な時には、内臓の働きが活性化されます。 つまり食欲とはリラックス状態になり、自律神経のバランスが整っている事で湧いてくるものなのです。

青山外苑前鍼灸院での食欲不振の治療について

  1. 問診

    青山外苑前鍼灸院では、問診、脈診をし、まずなにが原因で食欲不振になっているのかを見て、患者様の症状に合った施術を選択していきます。

  2. 背中の鍼施術

    固まった背中に鍼灸を施し、筋肉を柔らかくすることによって自律神経の調節を行っています。

  3. 足の鍼施術

    さらに胃の疲れは背中に反応が出ることも多いのでしっかり反応点を見つけ治療することで胃の疲れを軽減させていきます。 胃の動きが悪い方には足にあるツボを使い、胃が動く手伝いをしていきます。

  4. お腹のマッサージ

    直接、腹部をマッサージ(按腹)することで胃腸の働きを高めることも可能です。

なぜ、食べたくなくなってしまうの??

1. ストレスから来るもの
ストレスを受けると体はストレスに抵抗しようとして、戦闘態勢に入ります。つまり、交感神経が優位になってしまい、自律神経のバランスが乱れリラックスすることが難しくなり、食欲がわかなくなってしまうのです。

2. 胃の動きの低下によるもの
人間が働き過ぎても、休み過ぎでも調子が悪くなるのと同じで、胃も食べ過ぎて負荷をかけ過ぎても、食べずにいて休ませ過ぎても働きが低下してしまいます。
胃腸の働きである消化や蠕動といった現象は、お腹に食べ物が入ることがスイッチとなり反射的に働くようにできています。 極端に胃を刺激しすぎると反射が起きにくくなってしまい、結果として食欲不振を招きます。

食欲不振を放置すると疲労回復や痛みの改善に必要な栄養が不足し、疲れが取れにくい、痛みも取れにくくなります。 「お腹が空かない」「すぐ満腹になる」など、お辛い症状が続くようでしたらお気軽にご相談下さい。

TOPへ戻る