青山外苑前治療院 | 東京都港区の治療院・鍼灸マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック 青山外苑前治療院

診療受付時間
10:00~22:00
 9:00~19:00
  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-5860-6733
  • 東京都港区南青山2-26-35
    青山KKビル3F
  • サイトマップ

肋間神経痛の鍼灸治療について

急に襲われる痛み・・あの怖さから解放されませんか?

肋間神経痛とは

肋骨の間を通っている肋間神経を何らかの原因で圧迫して、胸部から背中辺りにかけ急に鋭い痛みが出る症状の事を指します。

このような痛みで悩んでいませんか?

  • 深呼吸をすると痛みが出る。
  • 咳、くしゃみをすると痛みが出る。
  • 背伸びをすると痛みが出る。
  • 肋骨が折れてどこかに刺さったような痛みが出る。
  • 腰を捻ると痛みが出る。
  • 話す、笑うと痛みが出る。

肋間神経痛の原因

肋間神経痛圧迫

肋間神経痛の原因は、未だに分かっていませんが、有力とされていることは

  1. 日頃からの姿勢不良で肋骨の間が狭くなることで肋間神経を圧迫する。
  2. 肩、背中、腰などの筋緊張が強くなり神経を圧迫する。
  3. 以前に帯状疱疹になり、その痛みが残っている感じがする。

また、ストレスも多く関係しています。 ストレスにさらされる環境にいると本能的に体を丸め自分を守ろうとします。

ふと鏡に写った自分を見ると姿勢が悪いなと思うが事あったのではないでしょうか?日常生活のちょっとした癖が原因になっているかもしれません。

青山外苑前鍼灸院での肋間神経痛治療について

神経を圧迫している筋肉を緩めてあげる事が重要になります。

局所治療

肋間神経は肋骨の間を通る神経で、背骨と背骨の間から神経が出ています。
神経痛が出ている高さと同じ高さの神経の出口に直接アプローチする事が出来ます。 痛みを出している神経に対して、高周波のパルス通電を行うなどで痛みを止めることが出来ます。

肋間神経痛の鍼治療イメージ

全身治療

ストレス等で全身がこわばり、緊張している状態であれば、全身治療をオススメします。
自律神経のバランスが乱れ、全身が緊張していると考えられるため、局所だけでなく全身を施術し、身体を温めることで緊張を緩ませ、症状を緩和していきます。全身が緩むと、筋肉の緊張で抑えられていた肋骨の動きがスムーズになり、神経への圧迫が無くなるため、姿勢が良くなり、呼吸も楽に出来るようになります。

肋間神経痛の鍼治療イメージ肋間神経痛の鍼治療イメージ

  • 中府(ちゅうふ)
  • 肩外兪(けんがいゆ)
  • 天宗(てんそう)
  • 心兪(しんゆ)
  • 郄門(げきもん)
  • 内関(ないかん)
  • 合谷(ごうこく)
  • 百会(ひゃくえ)

などのツボを使い治療します。

オススメコース

局所治療 4,840円(税込) 捨て鍼代含む
【施術時間 約40分】原因を突き止めたうえで、神経を圧迫している局所に直接アプローチします。
全身治療 7,150円(税込) 捨て鍼代含む
【施術時間 約60分】自律神経の調整をし、お身体の緊張を取ることで、痛みの緩和はもちろん、治癒力向上が期待できます。

※なお、初回ご来院時には初診問診料が別途1,650円(税込)かかります。

TOPへ戻る