青山外苑前治療院 | 東京都港区の治療院・鍼灸マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック 青山外苑前治療院

診療受付時間
10:00~22:00
 9:00~19:00
  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-5860-6733
  • 東京都港区南青山2-26-35
    青山KKビル3F
  • サイトマップ

頸椎捻挫について

頸椎捻挫はレントゲン検査で異常がなくても、身体にはかなりの負担がかかります

頸椎捻挫の主な症状

  • 首の後面、側面、頭、の痛み。
  • 首、肩、背中のコリ。
  • 首の運動制限や運動痛。
  • 腕のだるさ、シビレ。

青山外苑前整骨院での頸椎捻挫治療

頸椎捻挫の急性期は【安静】【冷却】【圧迫】【拳上】のRICE処置が基本になります。

発症直後は患部に炎症があるため、首を動かす時に強い痛みが出てしまいます。程度にもよりますが、痛みが強い方の場合は頸椎カラーで固定した方が効果的です。
そして数日間アイシングを行い、炎症を抑えます。
急性期の処置が早ければ早いほど治るのも早いです。もし交通事故に遭われたらすぐに治療を行いましょう!

急性期が過ぎたら次に首の筋肉の硬い部分(瘢痕化した筋肉)を弛めます。
交通事故で筋肉、腱、靭帯部分の組織が傷つき、回復過程で新しい組織に変わる際、その組織が厚く硬くなり、瘢痕(けがをしたヒフや筋肉が元の状態に戻る途中の組織で、とても固い組織です。)が形成されることで首の動きが悪くなります。瘢痕化した筋肉は弱く、短いため腱に負担がかかり、炎症が引き起こされ、神経を絞めつけてしまうため痛みやシビレを伴うこともあります。
早期に硬くなった筋肉をほぐす事で痛み、シビレ、首の動きが良くなるように弛めていきます。また、患部を温めるのも有効です。

炎症が治まったら次に血行を高め、人間が本来持っている自己治癒力を活性化させることで改善できます。

頸椎捻挫の予防と改善

予防
先ずは日常生活での中で首に負担をかける動作を出来るだけ避けてください。例えば重いものを持つだけでも、首や肩に負担がかかります。
また姿勢にも気を付けてください。いつも椅子に座るときは身体を丸めて座っていませんか?また脚を組んで座っていませんか?いつも悪い姿勢でいると猫背になり首、肩に負担をかけてしまいますので姿勢にも気を付けてください。せっかく治療に来られても、普段の姿勢が悪いと治療効果が半減してしまいます。
改善
急性期は炎症が起こっている為、無理に動かしたりしてもかえって逆効果です。急性期は患部を冷やすのが先決です。自宅にあるアイスノン、や氷を使って患部を冷やしましょう。 一回に付き15分程度冷やしてください。(それ以上長く冷やすと凍傷になる恐れがあります。)
次に急性期が過ぎましたら今度は患部を温めるのが効果的です。温める事で筋肉の柔軟性が回復してきます。積極的にお風呂に入り身体を温めたり、濡れたタオルを電子レンジで温め、首に当てると患部が暖まり効果的です。是非ご自宅で実践してみてください。
そしてセルフストレッチも行えると更に効果がアップします。セルフストレッチはやり方を間違えると逆に痛めてしまうこともありますので、正確にご自身でもストレッチが出来るようにご指導いたします。

当院では治療はもちろん、治療後のケアまでお気軽にご相談ください。

TOPへ戻る