東京の整骨・鍼灸・マッサージ・整体、各分野の専門治療院 | メディカル・ケアグループ

マッサージ院

  • お電話でのお問い合わせは
  • 開院日までのお問い合わせ先は
    こちら『芝浦治療院』まで
  • 03-5445-6600
  • サイトマップ

なかなか取れないシビレや痛み諦めていませんか?

坐骨神経痛の症状

神経に沿ってお尻から太もも、もしくは足先にかけてシビレ感やビリっとした電撃痛、ピリピリ鋭い痛み等が出ます。

  • 少し歩くと痛くて歩けなくなる。
  • 腰や足を動かすとより痛みが増す。
  • 横になって寝ても痛みは変わらない。
  • 冷えや熱感を感じる。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経とは、人体の中で最も太く長い神経になります。腰から足に沿って伸びている神経で、この神経が何らかの刺激や圧迫を受けることで痛みやシビレなどの症状が現れます。
このことを坐骨神経痛といいます。
坐骨神経痛とは症状であり、病名ではありません。

坐骨神経痛になりえる疾患

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 変形性脊椎症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 梨状筋症候群

などが挙げられます。

当院での坐骨神経痛治療ついて

神経の根元付近や神経の走行上の循環を高めることで、臀部や足の痛みを抑えることを目的に治療します。

筋肉としては、腰部臀部周囲の筋肉や下肢の筋肉(脊柱起立筋、広背筋、腰方形筋、中殿筋、梨状筋、大腿筋膜張筋、前脛骨筋など)にアプローチをしていきます。
(小腸兪、膀胱兪、次髎、承扶、委中、合陽、承山、足三里、崑崙、太谿など)のツボを使い治療します。

坐骨神経痛の予防と改善

予防や早期改善のために、生活習慣を見直しましょう。

坐骨神経痛は、腰やお尻の負担が大きくなると、症状が悪化する場合があります。まずは、普段座っている姿勢に気を付けましょう。
座っている時に人は上半身を腰で支えます。背中が丸まることで、より腰に対する負担が増えてしまいます。なるべく良い姿勢を心がけ、不良姿勢が続いた時にはストレッチや適度な運動をして身体を動かすことをお勧めします。

不良姿勢や立ちっぱなし、座りっぱなしなどで下半身の動きが少なくなると、腰やお尻の筋肉が硬くなり、下半身の血液循環が悪くなります。本来、血液によって食事で摂った栄養や酸素などが筋肉や神経へ運ばれていくのですが、血行不良によって必要な栄養や酸素が届きにくくなり、老廃物も滞りやすくなるので、患部の回復力が低下します。
また、冷えにも気を付けましょう。坐骨神経痛の症状に冷え症の症状が組み合わさって出ることもあります。お風呂に浸かって症状が落ち着く場合は血行不良の可能性が高いので、腰から下半身を温めることをお勧めします。

当院では治療はもちろん、治療後のケアまで一人ひとりに合わせて行います。お気軽にご相談ください。

TOPへ戻る