東京の整骨・鍼灸・マッサージ・整体、各分野の専門治療院 | メディカル・ケアグループ

神田駅前治療院

  • お電話でのお問い合わせは
  • 開院日までのお問い合わせ先は
    こちら『芝浦治療院』まで
  • 03-5445-6600
  • サイトマップ

ぎっくり腰は早めの治療が肝心です。

ふとした動作により、急に腰に激痛が走るぎっくり腰

  • 荷物を持ち上げようとした時
  • くしゃみをした時
  • 前かがみで作業をしている時

これらの動作が『ぎっくり腰』になりやすく、激痛が走った際にはその場にうずくまるほどの痛みになることもあります。

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰とは『急性腰痛』もしくは『椎間捻挫』とも呼ばれます。

瞬間的、または一日かけてふとした動作で筋肉や筋膜、靭帯が傷つき、腰に強い痛みを起こします。
炎症を起こしている筋肉のほかにも疼痛回避動作と言って、痛みを回避しようといつもとは違う動作・姿勢を取ることもあります。
その動作により負担がかかり、足(内転筋・大腿筋膜張筋など)や背中(脊柱起立筋、菱形筋、広背筋など)に痛みが出てくることもあるのです。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の誘発要因としては

  • 生活習慣
  • 運動不足
  • 偏食
  • ストレス

などがあります。

生活習慣では、長時間同じ姿勢をする、前かがみで作業することが多いと筋肉へ一定時間力を入れた状態になり負荷が強くかかります。
また、運動不足においてもあまり筋肉を使わないため、循環が悪くなったり、筋肉の柔軟性が失われたり、筋力が落ちアンバランスになってしまうことでぎっくり腰が起こりやすくなります。

偏食でぎっくり腰…?と思いますが、偏食によって内臓の機能が落ちることもあります。内臓はそれを補おうと頑張ることで周りの筋肉が緊張し、負荷がかかり腰をいためる原因にもなるのです。

ぎっくり腰の治療ついて

ぎっくり腰の一般的な治療法は

  • RICE処置(安静・アイシング)
  • コルセットによる固定
  • ストレッチや運動

当院では、ぎっくり腰に対する鍼灸治療を行っております。

局所治療として
ぎっくり腰を起こしやすい筋肉(大腰筋、脊柱起立筋、腰方形筋、中殿筋など)を主にアプローチしていきます。
腰と足中心のツボを使っていきます。
(腎兪、志室、委中、承山、太渓など)
全身治療として
東洋医学では経脈(ツボの縦の流れ)と経筋(ツボの流れている筋肉)が損傷し、気血阻滞が生じる為にぎっくり腰が起こると言われています。
ツボの流れを良くし、気血の流れを改善することが必要とされています。
全身治療では、全身のツボを使用します。
(腎兪、大腸兪、天枢、関元環跳、委中、腰腿点、阿是穴など)
TOPへ戻る